改版履歴

Cente PPP

・暗号・認証ライブラリをCente CryptoからCente Compact Cryptoに変更

CHAPで使用するMD5ライブラリをCente CryptoのものからCente Compact Cryptoのものに変更した。

・PPTPを削除

PPTPを非対応に変更。これに伴い、MS-CHAPv2、MPPEも非対応とした。

・認証失敗を繰り返すと発信できなくなる(Cente障害情報:003-0003)

PPPoE接続の場合、認証失敗で接続に失敗した場合、送信バッファの解放がされないことがあった。これを繰り返すことで送信バッファが枯渇し、以後発信できなくなることがあった。これを修正した。

・接続完了後、数分でPPPサーバから切断される(Cente障害情報:003-0004)

リトルエンディアン環境の場合、PPPサーバによっては接続完了後、数分で切断されてしまうことがあった。これを修正した。

Cente PPP

PPPoverEthernetに対応
PPPoverEthernetで発信、接続する機能を追加。

PPTPに対応
PPTPで発信、接続する機能を追加。

モデムでの着信に対応
モデムを介して、外部からPPP接続を受ける機能を追加。

MPPEに対応
PPPの暗号方式としてMPPEに対応。

CenteTCP/IPv4に対応
各種APIをCenteTCP/IPv4に準拠させた。

マルチチャネル対応
複数のI/Fを使って同時にPPP接続する機能を追加。

Cente PPP

LCPEchoによるリンクチェック機能を追加
定期的にLCPEcho-Requestを送信し、通信相手とPPPリンクが確立していることを確認する機能を追加した。

CHAP認証のとき、IDとパスワードが間違っていても接続できたように動作する
実際には接続できていないが、エラーコードが0で接続が完了したように動作することがあったので修正した。

PPPのタイマ動作間隔が不正
実行条件に不具合があり、1秒間隔で動作する必要があるタイマが1.1秒感覚で動作していたので修正した。

ネゴシエーション中に相手から切断されたときに接続できたように動作する
ネゴシエーション中に相手からLCPTRを受信すると正常切断と誤認識し、エラーコードが0で接続が完了したように動作していたので修正した。

Cente PPP

1tick=1msec環境で、PPPパケットの再送が5秒おきに発生する。
1tick=10msecを前提とした部分があり、0.5秒おきに発生する再送が、1tick=1msec環境では5秒おきに発生していたので修正した。

MPPEで、パケット到着順が逆になるとそれ以降の通信ができなくなる。
特にインターネット環境では、ときどきパケットの到着順が前後することがある。MPPE通信のシーケンス番号が0に戻るときに到着順が前後すると、それ以降の通信ができなくなっていたので対応した。

Cente PPP

PPP接続完了直後にIPパケットを受信できない。
PPPネゴシエーションが完了した直後に回線側から受信したパケットが破棄されてしまうことがあったので修正した。

PPP接続完了直後に送信したIPパケットの送信元IPアドレスが0.0.0.0になる。
PPPネゴシエーションが完了した直後にUDPパケット送信やTCP発信を実行すると、そのパケットの送信元IPアドレスが0.0.0.0になることがあったので修正した。

MS-CHAPv2を使用しない設定のとき、相手からMS-CHAPv2を要求されるとACKを返してしまう。
INCLUDE_MSCHAPV2を定義しない状態にしても、相手からMS-CHAPv2を要求されるとACKを返していた。そのため、MD5による認証ができずに接続が失敗してしまっていたので修正した。

モデムから不正な応答が返ると発信が終了しない。
「ATD」コマンドに対して「OK」が返った場合、その後も「CONNECT」や「NO CARRIER」を待ち続けてしまうので修正した。

Social Media