Cente障害情報

Cente PPP

・暗号・認証ライブラリをCente CryptoからCente Compact Cryptoに変更

CHAPで使用するMD5ライブラリをCente CryptoのものからCente Compact Cryptoのものに変更した。

・PPTPを削除

PPTPを非対応に変更。これに伴い、MS-CHAPv2、MPPEも非対応とした。

・認証失敗を繰り返すと発信できなくなる(Cente障害情報:003-0003)

PPPoE接続の場合、認証失敗で接続に失敗した場合、送信バッファの解放がされないことがあった。これを繰り返すことで送信バッファが枯渇し、以後発信できなくなることがあった。これを修正した。

・接続完了後、数分でPPPサーバから切断される(Cente障害情報:003-0004)

リトルエンディアン環境の場合、PPPサーバによっては接続完了後、数分で切断されてしまうことがあった。これを修正した。

Cente PPP

PPPoverEthernetに対応
PPPoverEthernetで発信、接続する機能を追加。

PPTPに対応
PPTPで発信、接続する機能を追加。

モデムでの着信に対応
モデムを介して、外部からPPP接続を受ける機能を追加。

MPPEに対応
PPPの暗号方式としてMPPEに対応。

CenteTCP/IPv4に対応
各種APIをCenteTCP/IPv4に準拠させた。

マルチチャネル対応
複数のI/Fを使って同時にPPP接続する機能を追加。

Cente PPP

LCPEchoによるリンクチェック機能を追加
定期的にLCPEcho-Requestを送信し、通信相手とPPPリンクが確立していることを確認する機能を追加した。

CHAP認証のとき、IDとパスワードが間違っていても接続できたように動作する
実際には接続できていないが、エラーコードが0で接続が完了したように動作することがあったので修正した。

PPPのタイマ動作間隔が不正
実行条件に不具合があり、1秒間隔で動作する必要があるタイマが1.1秒感覚で動作していたので修正した。

ネゴシエーション中に相手から切断されたときに接続できたように動作する
ネゴシエーション中に相手からLCPTRを受信すると正常切断と誤認識し、エラーコードが0で接続が完了したように動作していたので修正した。

Page 1 of 2

Social Media