Cente改版履歴

Cente PPP


改版日 2014.11.28
バージョン Ver3.00

・暗号・認証ライブラリをCente CryptoからCente Compact Cryptoに変更

CHAPで使用するMD5ライブラリをCente CryptoのものからCente Compact Cryptoのものに変更した。

・PPTPを削除

PPTPを非対応に変更。これに伴い、MS-CHAPv2、MPPEも非対応とした。

・認証失敗を繰り返すと発信できなくなる(Cente障害情報:003-0003)

PPPoE接続の場合、認証失敗で接続に失敗した場合、送信バッファの解放がされないことがあった。これを繰り返すことで送信バッファが枯渇し、以後発信できなくなることがあった。これを修正した。

・接続完了後、数分でPPPサーバから切断される(Cente障害情報:003-0004)

リトルエンディアン環境の場合、PPPサーバによっては接続完了後、数分で切断されてしまうことがあった。これを修正した。

・シリアルI/FのPPP接続の場合、まれにメモリ破壊が発生する(Cente障害情報:003-0005)

受信するデータの一部が欠けたり化けたりすることがある環境では、まれに受信バッファをオーバーして書き込みを行うメモリ破壊が発生することがあった。これを修正した。

・モデムの応答が正しくない場合への対応を強化

ATコマンドを送信し、それに対するモデムからの応答に従って動作するが、応答文字列が一時的に不正になるようなケースへの対応を強化した。

・その他改善

環境によってはワーニングが発生するコードがあったので修正した。

 

Social Media