改版履歴

Cente PPP

1tick=1msec環境で、PPPパケットの再送が5秒おきに発生する。
1tick=10msecを前提とした部分があり、0.5秒おきに発生する再送が、1tick=1msec環境では5秒おきに発生していたので修正した。

MPPEで、パケット到着順が逆になるとそれ以降の通信ができなくなる。
特にインターネット環境では、ときどきパケットの到着順が前後することがある。MPPE通信のシーケンス番号が0に戻るときに到着順が前後すると、それ以降の通信ができなくなっていたので対応した。

Cente PPP

PPP接続完了直後にIPパケットを受信できない。
PPPネゴシエーションが完了した直後に回線側から受信したパケットが破棄されてしまうことがあったので修正した。

PPP接続完了直後に送信したIPパケットの送信元IPアドレスが0.0.0.0になる。
PPPネゴシエーションが完了した直後にUDPパケット送信やTCP発信を実行すると、そのパケットの送信元IPアドレスが0.0.0.0になることがあったので修正した。

MS-CHAPv2を使用しない設定のとき、相手からMS-CHAPv2を要求されるとACKを返してしまう。
INCLUDE_MSCHAPV2を定義しない状態にしても、相手からMS-CHAPv2を要求されるとACKを返していた。そのため、MD5による認証ができずに接続が失敗してしまっていたので修正した。

モデムから不正な応答が返ると発信が終了しない。
「ATD」コマンドに対して「OK」が返った場合、その後も「CONNECT」や「NO CARRIER」を待ち続けてしまうので修正した。

Page 2 of 2

Social Media