Cente IPv6

複数のI/Fで同一の自IPアドレスを使用した環境で、FTPd/cのデータ ポート接続に失敗する現象について

・Cente TCP/IPv4 Ver1.00 – Ver1.33

・Cente TCP/IPv4 SNMPv2 Ver1.00 – Ver2.13

・Cente TCP/IPv4 SNMPv3 Ver1.00 – Ver2.13

・Cente IPv6 Ver1.00 – Ver1.43

・Cente IPv6 SNMPv2 Ver1.00 – Ver2.13

・Cente IPv6 SNMPv3 Ver1.00 – Ver2.13

TCPのSelective Ack機能使用時に、再送要求内容が正しくない場合 がある現象について

・Cente TCP/IPv4 Ver1.30 – Ver1.33

・Cente TCP/IPv4 SNMPv2 Ver2.11 – Ver2.13

・Cente TCP/IPv4 SNMPv3 Ver2.12 – Ver2.13

・Cente IPv6 Ver1.40 – Ver1.43

・Cente IPv6 SNMPv2 Ver2.11 – Ver2.13

・Cente IPv6 SNMPv3 Ver2.12 – Ver2.13

DHCPモードにした状態で短時間にリンクアップ/リンクダウンを繰り返 すと、IP通信できない状態になることがある現象について

 ・Cente TCP/IPv4 Ver1.00 – Ver1.33

 ・Cente TCP/IPv4 SNMPv2 Ver1.00 – Ver2.13

 ・Cente TCP/IPv4 SNMPv3 Ver1.00 – Ver2.13

 ・Cente IPv6 Ver1.00 – Ver1.43

 ・Cente IPv6 SNMPv2 Ver1.00 – Ver2.13

 ・Cente IPv6 SNMPv3 Ver1.00 – Ver2.13

TCPの着信待ちと着信待ち解除を繰り返すと、それ以降新たなTCP 接続ができなくなることがある現象について

 ・Cente TCP/IPv4 Ver1.00 – Ver1.33

 ・Cente TCP/IPv4 SNMPv2 Ver1.00 – Ver2.13

・Cente TCP/IPv4 SNMPv3 Ver1.00 – Ver2.13

・Cente IPv6 Ver1.00 – Ver1.43

・Cente IPv6 SNMPv2 Ver1.00 – Ver2.13

・Cente IPv6 SNMPv3 Ver1.00 – Ver2.13

OIDが2097152以上のオブジェクトを指定すると、不正なOIDで送信さ れる

・Cente TCP/IPv4 SNMPv2 Ver.2.00 – Ver.2.13
・Cente TCP/IPv4 SNMPv3 Ver.2.00 – Ver.2.13
・Cente IPv6 SNMPv2 Ver.2.00 – Ver.2.13
・Cente IPv6 SNMPv3 Ver.2.00 – Ver.2.13

snmp_inform()で、エラー時の戻り値が仕様と異なる場合がある

・Cente TCP/IPv4 SNMPv2 Ver.2.00 – Ver.2.13
・Cente TCP/IPv4 SNMPv3 Ver.2.00 – Ver.2.13
・Cente IPv6 SNMPv2 Ver.2.00 – Ver.2.13
・Cente IPv6 SNMPv3 Ver.2.00 – Ver.2.13

Page 3 of 8

Social Media