改版履歴

Cente NAND Flash Driver

・シリアルインターフェース(SPI)のNANDに対応
シリアルインターフェース(SPI)のNANDに対応しました。
・BSP追加
ESPT-RX + 拡張ボード + シリアルインターフェースNANDの組み合わせで動作する、ドライバの動作サンプル環境を追加しました。
・ハードウェアECCに対応
CPU内蔵のECC機能およびNAND Flash Memory内蔵のECC機能に対応するための、ユーザカスタマイズ関数を追加しました。
・工場出荷時の不良ブロック検出関数を追加
工場出荷時に書き込まれている不良マークとCente NAND Flash Driverが書き込む不良マークは、これまで同じ関数内で検出していましたが、工場出荷時の不良ブロックを検出するための関数を独立させました。
・ECCコードに0x00が含まれていた場合に訂正、検出が正しく行えない不具合を修正(Cente障害情報:108-0010)

Cente NAND Flash Driver

・2048バイト/ページのNAND FlashのECC訂正処理において1bit訂正ができない不具合を修正
読出しの際に1bit訂正が可能な場合であってもエラーにしていた不具合を修正しました。
(Cente障害情報:108-0001)
・2048バイト/ページのNAND FlashのECC訂正処理において2bitエラー検出ができない、及びECCコード部の1bitエラー時の訂正ができていない不具合を修正
ECC訂正処理において以下の問題が発生する不具合を修正しました。
①NAND Flashからデータを読出した際に2bitの誤りが発生した場合、データを誤訂正し正常終了する場合があります。
②NAND Flashの冗長領域に書き込まれているECCコードに1bit化けが有った場合、その場所のデータを読み出す時に、不必要な代替ブロックへの置き替えが発生し読み書きが遅くなります。
(Cente障害情報:108-0002)
・システムID格納用配列のサイズ不足により、他の変数を書き換えてしまう不具合を修正

Cente NAND Flash FileSystem

不具合修正○fs_nandLog.c

makeLogicalTable()の修正

重複する論理ブロック番号が存在した場合に本来残すべきブロックを消去していた不具合の修正

ブロック消去後にアサインテーブル更新処理されない不具合の修正

不良ブロックチェック時に不良ブロックではなく、ブロックステータスをチェックしていた不具合の修正

NandFlashClose()の修正

セクタが連続してない場合に、リードの時もライトの時と同様に処理を行ってしまう不具合修正

不具合修正 ○fs_nandPhy.c

readPhyOneSectSub()の修正

ECCエラーチェック処理時に、間違ったバッファアドレスを参照していた不具合の修正

1BitECCエラーが発生した場合に、代替処理を行わない不具合の修正

1BitECCエラーが発生した場合に、代替処理を行わない不具合の修正

Cente NAND Flash FileSystem

16M~256Mbyteのデバイスに対応

デバイスのデバイスIDを読み込み、512byte/page・2048byte/pageの両方に対応する機能を追加

ctkernel対応

ctkernelモジュールの導入に伴う修正

ソース・ヘッダファイル名の変更

各ファイル名を以下に変更しました

・common.c→→fs_nandcommon.c

・nand.h→fs_nand.h

・nandecc.c→fs_nandecc.c

・nandfmt.c→fs_nandfmt.c

・nandfmt.h→fs_nandfmt.h

・ nandmain.c→fs_nandmain.c

・nandsub.c→fs_nandsub.c

・nand_hwcfg.c→fs_nandhwcfg.c

・nand_hwcfg.h→fs_nandhwcfg.h

Cente NAND Flash FileSystem

不具合修正

○nandmain.c

・変数、systemidcodeをchar型からunsignedchar型に修正

・setNandFlashModel()・checkDeviceCode()・nandFlashByte()の引数systemidcodeをchar型からunsignedchar型に修正

・NF_ReadSector()関数内でセクタアドレスがインクリメントされない不具合の修正

○nandsub.c

・nandFlashSetRdApr()の削除

Social Media