Cente IPv6

不正なDHCPv6パケット受信時、パケットの処理が正しく動作しないことがある


発行日: 2020/07/13
題名: 不正なDHCPv6パケット受信時、パケットの処理が正しく動作しないことがある

適用製品
・Cente IPv6 Ver.1.30 – Ver.1.45
・Cente IPv6 SNMPv2 Ver.2.10 – Ver.2.22
・Cente IPv6 SNMPv3 Ver.2.10 – Ver.2.22

【該当するユーザ環境】
DHCPv6を使用し、不正なDHCPv6パケットを送信するDHCPv6サーバが存在する環境。

【障害内容】
DHCPv6パケットのパースで、パケット長のチェックが不十分でした。このため、不正なDHCPv6パケットを破棄せずにパースし、以下の動作となる可能性があります。
– 不正なIPアドレスが設定される。
– 無限ループが発生し、システムが停止する。

なお、本障害はCente IPv6のもので、Cente TCP/IPv4では問題ありません。

【回避方法】
ミドルウェアのソースコードを修正し、不正なDHCPv6パケットを破棄することで、回避できます。
詳細については、営業担当またはサポート窓口までお問い合わせください。

Social Media