Cente IPv6

DNS解決に失敗することがある


発行日: 2020/07/06
題名: DNS解決に失敗することがある

適用製品:
・Cente TCP/IPv4 Ver.1.00 – Ver.1.35
・Cente TCP/IPv4 SNMPv2 Ver.1.00 – Ver.2.22
・Cente TCP/IPv4 SNMPv3 Ver.2.00 – Ver.2.22
・Cente IPv6 Ver.1.00 – Ver.1.45
・Cente IPv6 SNMPv2 Ver.1.00 – Ver.2.22
・Cente IPv6 SNMPv3 Ver.2.00 – Ver.2.22

【該当するユーザ環境】
get_ipaddr(), get_ip6addr()でホスト名をDNS解決する際、DNSサーバの応答が以下の3条件をすべて満たす環境。
– IPアドレスではなくCNAMEを返す。
– CNAMEが圧縮されている(オフセット表現されている)。
– オフセット値が255を超えている。

【障害内容】
ホスト名をDNS解決する際、DNSサーバがIPアドレスを返さず、CNAMEを返すことがあります。この場合、CNAMEからIPアドレスを再度解決します。CNAMEが圧縮されている場合(オフセット表現の場合)、オフセットは14bitの値ですが、8bitで扱っていました。ホスト名として、長い名前や、多くの名前がある場合に、オフセットが大きくなります。オフセットが8bit表現(255)を超える場合、DNS解決に失敗し、get_ipaddr(), get_ip6addr()はエラーを返します。

【発生理由】
ホスト名が圧縮されている場合(オフセット表現の場合)、オフセットは14bitの値ですが、8bitで扱っていたためです。

【回避方法】
ミドルウェアのソースコードを修正し、圧縮表現のオフセットを正しく扱うことで、回避できます。
詳細については、営業担当またはsupport窓口までお問い合わせください。

Social Media