Cente Compact Crypto

SSL/TLS証明書の検証に失敗することがある

発行番号: Cente011-0002
Rev: 第1版
発行日: 2020/08/31
題名: SSL/TLS証明書の検証に失敗することがある

適用製品:
・Cente Compact Crypto Ver 1.00-1.22

このモジュールを含み、影響を受けるパッケージは以下の通りです。
・Cente Compact SSLc Ver 1.00-1.51

※以下のパッケージはこのモジュールを含みますが、該当機能は使用しないため、影響ありません。
・Cente Compact SSLd Ver 1.00

【該当するユーザ環境】
以下の2つの条件を両方満たす環境。
– SSL/TLS証明書(以下単に「証明書」とします)の検証機能を有効にする。
– 証明書のsignatureまたはissuerに、1つのOIDに複数の型が存在する。

また、以下のパッケージで、Cente Compact SSLcを組み合わせて暗号通信し、上記条件を満たす場合も該当します。
– Cente Compact DTLSc(Compact SSLオプション)。
– Cente TCP/IPv4のFTPc。
– Cente HTTPd/cのHTTPc。
– Cente SMTP/POP。

なお、以下の1つ以上の条件を満たす場合は、問題は発生しません。
– 証明書の検証を無効にする。
– 証明書の1つのOIDに1つの型のみが存在する。

【障害内容、発生理由】
証明書のsignature, issuerは、OIDごとに比較します(住所や名前のような種類ごとに比較します)。比較の際、型(TeletexString, PrintableStringなどがあります)の不一致で、検証エラーとしていました。しかし、あるOIDに複数の型で情報が存在する場合、型の不一致があっても、さらに比較すると、一致する型が存在する可能性がありました。このため、本来は検証でOKとなる証明書を、検証エラーとすることがありました。

例えば、以下の例では問題ありません。OID 2.5.4.11(organizationalUnitName)に複数の情報がありますが、型はPrintableStringのみだからです。
– OID=2.5.4.11, PrintableString: example.com/2048
– OID=2.5.4.11, PrintableString: example ltd.

以下の例では本障害が該当します。TeletexString, PrintableStringの2つの型があるからです。
– OID=2.5.4.11, TeletexString: example.com/2048
– OID=2.5.4.11, PrintableString: example ltd.

【回避方法】
ミドルウェアのソースコードを修正し、正しい検証処理にします。
詳細については、営業担当またはsupport_XXXatmarkXXX_cente.jpまでお問い合わせください(_XXXatmarkXXX_は@にしてください)。

Cente shell

・ファイルのバージョン表記を変更

ファイルのバージョン表記を変更した。動作に影響しない。

・デフォルトアドレスを変更可能にした

d、e、sコマンドでアクセスするデフォルトのアドレスをユーザが定義できるようにした。

・d、eコマンドでレジスタを読むと不正な値となる不具合修正

従来「e –b」、「d –b」コマンドを実行すると該当するアドレスを2回リードしていた。そのため、読むと次々と値が得られるレジスタなどにアクセスすると、意図しない値が表示される可能性があった。1回だけリードするよう修正した。

Page 1 of 3

Social Media