Cente改版履歴

Cente FileSystem


改版日 2013.03.12
バージョン Ver6.10

・下記APIを修正
fopen_uni, move_uni, rename_uni, get_attr_uni, chg_attr_uni, get_tstamp_uni, chg_tstamp_uni, finfo_uni, remove_uni, mkdir_uni, opendir_uni, rmdir_uni
 下位Byteが「0x00」のUNICODE文字をフルパスに指定した場合、正しくファイル、ディレクトリ操作が行えない不具合を修正
(Cente障害情報:101-0064)
 
・下記APIを修正
fopen, fputc, fputs, fwrite, rename, remove, move, chg_attr, chg_tstamp, chg_filelen, mkdir, rmdir, fopen_uni, rename_uni, remove_uni, move_uni, chg_attr_uni, chg_tstamp_uni, mkdir_uni, rmdir_uni, ini_journal, ini_journal_uni
 FAT領域かディレクトリエントリ領域に書き込み中に電源断が起きたとき、修復不能になる場合がある不具合を修正(メタデータ保護機能使用時)
(Cente障害情報:101-0065)
 
・下記APIを修正
fopen, fputc, fputs, fwrite, rename, remove, move, chg_attr, chg_tstamp, chg_filelen, mkdir, rmdir, fopen_uni, rename_uni, remove_uni, move_uni, chg_attr_uni, chg_tstamp_uni, mkdir_uni, rmdir_uni, ini_journal, ini_journal_uni
 キャッシュのブロック単位の書込みを考慮していなかった為、修復不能になる場合がある不具合を修正(メタデータ保護機能使用時)
(Cente障害情報:101-0066)

 ・下記APIを修正
fopen, fputc, fputs, fwrite, rename, remove, move, chg_attr, chg_tstamp, chg_filelen, mkdir, rmdir, fopen_uni, rename_uni, remove_uni, move_uni, chg_attr_uni, chg_tstamp_uni, mkdir_uni, rmdir_uni
 ジャーナルファイルリード時に修復不可能エラーが発生すると、ジャーナルファイルで使用できない領域ができてしまう不具合を修正(メタデータ保護機能使用時)
(Cente障害情報:101-0067)
 
・下記APIを修正
fopen, remove, chg_filelen, rmdir, fopen_uni, remove_uni, rmdir_uni, ini_journal, ini_journal_uni
 FATチェーンクリア中の電源断後、修復による再FATチェーンクリアが実行できない場合がある不具合を修正(メタデータ保護機能使用時)
(Cente障害情報:101-0068)
 
・下記APIを修正
fopen, fputc, fputs, fwrite, rename, remove, move, chg_attr, chg_tstamp, chg_filelen, mkdir, rmdir, fopen_uni, rename_uni, remove_uni, move_uni, chg_attr_uni, chg_tstamp_uni, mkdir_uni, rmdir_uni, ini_journal, ini_journal_uni
 複数ドライブでメタデータ保護機能を有効にした場合に正常に修復できない場合がある不具合を修正(メタデータ保護機能使用時)
(Cente障害情報:101-0070)
 
・下記APIを修正
readdir, readdir_uni
 readdir, readdir_uniにおいて不正なメモリアクセスをする場合がある不具合を修正
(Cente障害情報:101-0071)
 
・fseek関数修正
 ・高速fseekマクロ(FS_SEEK_HIGH)を有効にした場合のファイルに対してfreadを実行すると不正なデータを読み出す場合がある不具合を修正
  (Cente障害情報:101-0072)

 ・fseek()の移動先に4GBを超える位置を指定してもエラーを検出できない不具合を修正
  (Cente障害情報:101-0077)
 
・下記APIを修正
rename, move, rename_uni, move_uni
 ファイルを書き込みモードで多重オープンできてしまう不具合を修正
(Cente障害情報:101-0073)
 
・下記APIを修正
fopen, rename, remove, move, finfo, chg_attr, chg_tstamp, mkdir, rmdir, fopen_uni, rename_uni, remove_uni, move_uni, finfo_uni, chg_attr_uni, chg_tstamp_uni, mkdir_uni, rmdir_uni
 ロング名かショート名かの扱い方の違いによりファイルの検索ができない場合がある不具合を修正
(Cente障害情報:101-0074)
 
・下記APIを修正
fopen, fputc, fputs, fwrite, rename, remove, move, chg_attr, chg_tstamp, chg_filelen, mkdir, rmdir, fopen_uni, rename_uni, remove_uni, move_uni,  chg_attr_uni, chg_tstamp_uni, mkdir_uni, rmdir_uni, ini_journal, ini_journal_uni
 FATキャッシュ初期化関数ini_blk_cache()でブロック数を複数に指定した場合の不具合を修正  (メタデータ保護機能使用時)
(Cente障害情報:101-0075)
 
・下記APIを修正
fopen, rename, remove, move, finfo, chg_attr, chg_tstamp, ct_divide, ct_ins_clust, fread
 マルチバイト文字の2byte目のコードを正しく処理できていない不具合を修正
(Cente障害情報:101-0076)
 
・ct_ins_clust関数修正
 ct_ins_clust関数のクラスタ挿入時の不具合を修正
(Cente障害情報:101-0078)
 
・FSINFO更新API追加
 FSINFO更新API renew_fsinfo, renew_fsinfo_uni を追加しました
 
・fread, fwrite関数修正
 引数size, nから算出されるlen = size * n においてlenの桁あふれをチェックするよう修正
 
・fs_set_dir_entry_root関数修正
 FAT12/16のルートディレクトリにおいて2セクタ以降のセクタの先頭に1エントリ作成する場合の無駄なセクタの書き込みが発生しないよう修正
 

Social Media