Cente FileSystem

Cente FileSystem


改版日 2012.02.14
バージョン Ver6.01

 ・fs_find_dir_entry_sub、fs_find_dir_entry_uni_sub関数修正
FAT32フォーマットされたメディアのルートディレクトリに対して、1クラスタを超えるファイル・ディレクトリ操作が行えない不具合を修正
(Cente障害情報:001-0049)
・fs_vfopen、fs_vfopen_uni関数修正
メタデータ保護機能有効時、既存ファイルを’w’モードでオープンした場合のFAT2領域チェーン削除中に電源断が発生すると、修復が正常に行えない不具合を修正
(Cente障害情報:001-0050)
・DT_fputc、DT_fputs、DT_fwrite、fs_chg_filelen関数修正
メタデータ保護機能有効時、以下の条件で書き込みを行っている時に電源断が発生すると修復が正常に行えない不具合を修正
1.既存ファイルを’r+’,’a’,’a+’でオープン
2.クラスタチェーンが作成される書き込み
(Cente障害情報:001-0051)
・FAT情報操作関数修正
メタデータ保護機能有効時、複数タスクからのAPI同時実行中に電源断が発生すると修復が正常に行えない不具合を修正
-ファイル作成中に電源断が発生すると修復が正常に行えず、ファイルデータをリードした時に別ファイルのデータを参照する可能性があります。
-ディレクトリ作成中に電源断が発生すると修復が正常に行えず、作成したディレクトリを参照する事ができない可能性があります。
(Cente障害情報:001-0052)
・fsh_fwrite関数修正
fwrite()でディスクフルになった時に、エラーコードCT_DISK_FULL(-11)が取得できない不具合を修正
(Cente障害情報:001-0053)
・UNICODEパス操作関数修正
UNICODE APIに最大長:258文字を超える長さのパスを指定できてしまう不具合を修正
(Cente障害情報:001-0054)
・DT_rmdir_uni関数修正
rmdir_uni()でエラー終了した時に正確なエラーを検出できない不具合を修正
(Cente障害情報:001-0055)
・fs_quick_format関数修正
メタデータ保護機能の第2FATキャッシュを使用した状態でクイックフォーマットを実行すると、第2FATキャッシュと実際の第2FAT領域の内容が合わなくなる不具合を修正
(Cente障害情報:001-0056)
・fs_unicodecmp関数修正
オープン中のUNICODE指定ファイルを削除・改名・移動できてしまう不具合を修正
(Cente障害情報:001-0057)
・fs_vfputc、fsh_fwrite関数修正
4GByteのファイルに対してデータ書き換えが出来ない不具合を修正
(Cente障害情報:001-0058)
・ショートエントリ情報操作関数修正
以下の条件を全て満たしたファイル/ディレクトリが存在する場合にUNICODE指定APIを使用すると、拡張子の有/無による違いを識別できない不具合を修正
1.他機器(Windows PC等)で作成したファイル/ディレクトリ
2.名前の文字数が8文字以上、12文字以内
3.名前の9文字目がドット(.)の場合
(Cente障害情報:001-0059)
・ファイル属性識別関数修正
アーカイブ属性が0に設定されているファイルを正しく削除、チェック(異常検出)できない不具合を修正
(Cente障害情報:001-0061)
・DT_fputs関数修正
メタデータ保護機能有効時、fputsにて1クラスタを超える書き込みが正常に行えない不具合を修正
(Cente障害情報:001-0062)
・EXFAT_USEマクロによる有効/無効指定部を修正
64bit整数型をサポートしていない環境でコンパイルを行なうとエラーが検出される不具合を修正
(Cente障害情報:001-0063)
・fs_testtiny.cファイル削除
小規模版のFileSystem機能テストモジュールをパッケージから削除

Social Media