Cente改版履歴

Cente FileSystem


改版日 2008.08.31
バージョン Ver5.40

fat_recover関数修正

fat_recover関数内で使用している変数chk_countの型がshort型なので、4GByte以上のストレージデバイスに対応されていない不具合を修正。

fat_recover仕様変更

fat_recoverで使用するバッファサイズをユーザー指定可能になる様に変更。

fs_find_dir_entry関数修正

サブディレクトリ上のロングファイル名のショートエントリがセクタの先頭にあった場合、存在するはずのファイル検索に失敗する不具合を修正。

fclose関数修正

メタデータ保護機能有効時にclr_island_flg()を実行するタイミングを修正

fputc・fputs関数修正

1クラスタ確保前にモードチェックを行っていない不具合を修正。

fopen関数修正

"a"モードでファイルを新規作成できなかった場合に、エラー処理を行っていない不具合を修正。

unmount_disk関数修正

ディレクトリをオープンしたままストレージデバイスを抜くと、オープンディレクトリ用資源の枯渇を招いる不具合を修正。

fs_get_c_dent関数修正

FAT32フォーマットされたストレージデバイスを使用した時に、16BitCPU使用時に開始クラスタ番号上位を取得できない不具合を修正。

マクロ名修正

マクロ名の重複を避けるため「UNICODE」を「FS_UNICODE」に改名。

マクロ名「NORTI」を「ITRON」に改名。

Social Media