Cente改版履歴

Cente FileSystem


改版日 2005.03.04
バージョン Ver5.00

対応クラスタサイズを拡大

従来の32KByte以上に対応。

電源断対応機能強化

電源断後のFileSystem起動時間の短縮とFATテーブルのコピー時間の短縮を図りました。

ファイル移動、改名関数追加

move関数を追加。

fs_cfg.hを新設

マクロ定義をこのファイルに集約し、各種条件下でのコンパイルを容易に行えるようになりました。

ヘッダファイル名改名

fsys.h->fs_system.hに変更しました。

ソースファイル名改名

機能別に分離独立しました。(vfsys.c->fs_ansi.c,fs_posix.c…など)

Linuxに対応

Linux上でのアプリケーションとして動作できるようになりました。

ロングファイル名検索・削除修正

512bytes/sector以外のメディアで、ディレクトリエントリからロングファイル名を検索できない、及び削除できない不具合を修正。

fwrite関数修正

メディアの空き領域を超えるサイズでfwriteを実行すると、戻り値が実際に書き込んだサイズと異なる不具合を修正。

fp操作関数修正

ファイルポインタがNULLだった場合の不具合を修正。

fclose,fgetc,fgets,fputc,fputs,fread,fwrite,fseek

ソース整理

ソース整理

Social Media