Cente改版履歴

Cente FileSystem


改版日 2004.02.27
バージョン Ver4.01

マルチセクタ機能追加

セクタサイズをユーザで指定できるように改版。

SJISマクロを関数化

日本語変換機構を完全分離。外国語対応を容易にしました。

SJIS⇔UNICODEテーブル削除機能

全角コードを使わない際、テーブルを簡単に削除できるようマクロを追加。

SJIS⇔UNICODE重複回避機能

異なるSJISが同一UNICODEを持つ為、逆変換で不具合がでる事に対応。

chg_tstamp,chg_tstampfp関数

閏年以外の年でも2月29日に変更できてしまう不具合修正。

ini_cache関数修正

セマフォを解放せずに関数を抜ける場合がある不具合修正。

fputc,fwrite関数修正

4Gbyte以上を書き込んでしまうことがある不具合修正。

ファイル名対応

名前の最後がスペースでもファイルが出来てしまう不具合修正。(Windowsでファイル削除できなくなる)

削除処理不具合修正

FAT32時、ルート下の先頭にあるショートファイル名を削除できない不具合修正。

文字識別不具合修正

Win2K,XPで作られた8+3の小文字で格納されたファイルを小文字処理できない不具合修正。

Social Media