Cente SSL

Cente SSL


改版日 2006.03.31
バージョン Ver1.21

server側でのメモリリークを修正

serverがDHを作成した時に、メモリリークするバグを修正。clientは影響なし。

server側でのsession cacheに対応

tcps_set_session_cache()で、session cacheを有効にできるようにした

証明書に書かれているホスト名をチェックする関数を作成

tcps_checkcert_host()で、証明書のCommonName, subjectAltNameをチェックできるようにした

tcps_cls_cepで引数tmoutを使っていなかった

引数tmoutをtcp_cls_cepに渡すようにした

serverから通信を切る時にもclose notiryを送るようにした

close notifyを送らないと、client側からclose notifyが再送される事がある。実害は無し。

Social Media