Cente改版履歴

Cente SSL


改版日 2004.06.30
バージョン Ver1.1

Diffie-Hellmanに対応

ctssh_dh1024.cとctssh_dh512.cを追加。また、Diffie-Hellmanを使った匿名鍵交換にも対応。

tcp_snd_datとtcp_rcv_datのタイムアウトを指定可能にした

SSLの下のレイヤであるTCPの通信のタイムアウトをTMO_FEVR固定としていたが、

SSL_SEND_TIMEOUTとSSL_RECV_TIMEOUTマクロで指定できるようにした。

SSLクライアント機能を追加

SSLクライアント用の初期化APIであるtcps_setup_client()を作成。

通信相手の認証に対応

tcps_set_trusted_cert()を追加。また認証機能の追加にともない、tcps_setup_server()に引数を追加。

DSA鍵に対応

tcps_set_privkeyDSA()を追加。

tcps_rcv_datとtcps_snd_datのリターン値が不正な事があるのを修正

tcps_rcv_datとtcps_snd_datが、下位層であるTCPのエラーコードを正しく返さない事があるのを修正。

tcps_set_privkey()を非推奨のAPIとした

代わりに、tcps_set_privkeyRSA()の使用を推奨。

CenteCTLIBv1.01以上が必要

証明書の日付チェックのために、cttimeが必要。

CenteCRYPTOv1.01以上が必要

TCPのエラーコード取得にのために、BIOにメンバを追加したため。

Social Media