新着情報

Centeハードウェアシリーズ新製品(ESPT-SH7673)


ESPT-SH7673
~SH7673搭載 豊富な周辺機能を搭載した超小型組込みネットワークCPUボード~

ESPT-SH7673は、次世代のSH-Etherシリーズとして、高度に進化したイーサネットコントローラとUSB2.0ホストの両機能を1チップ化したCPU、SH7673を搭載した組込み用途の名刺サイズのCPU基板です。

豊富な周辺機能を搭載していますので、ネットワーク接続機能を備えるデジタルAV機器やOA機器、FA機器等のCPUの評価はもちろんのこと、このまま既存製品に組み込んで使用することもできます。

ESPTシリーズ最強の周辺機能を名刺サイズに凝縮

ESPT-SH7673は、組込み機器で必要となる周辺機能が豊富に搭載されています。10/100Base-TXイーサネット、USB2.0ホスト、SDIOスロット、CompactFlashインターフェース、シリアル/パラレルを名刺サイズに凝縮して搭載しています。

さらにSH7673のCPUバス(32bit/100MHz)コネクタを搭載しており、他のデバイスの接続や、既存機器との接続性などを兼ね備えたCPU基板になっています。

ITRON評価環境として初、基板実装型無線LANモジュールを搭載
(※選択オプション)

ITRON開発環境として初の、小ロット対応の無線LANモジュールが搭載可能です。802.11b/g無線LAN環境への接続(Station/AdHoCモード)機能を十分に評価可能です。基板実装型無線LANモジュールはSDIOに接続されます。

※SDIOカードスロットと排他的選択になります。SDIOカードスロットとの同時使用はできません。

ネットワーク製品に最適なSH7673を搭載

ESPT-SH7673に搭載するSH7673は、32ビットCPUコア「SH2A-FPU(200MHz)」で、480MIPSもの処理能力を実現しています。

高度に進化したイーサネットコントローラとUSB2.0ホスト機能を搭載し、更に暗号化通信等の高速化に有効なハードウェアIPSecエンジンを搭載しています。

SDIOインターフェースも搭載していますので、各種SDIO高速デバイスの接続やSDメモリカード等を扱うことができます。

Centeミドルウェアとの組み合わせで様々なネットワークシステム開発への応用が可能

ESPT-SH7673はCenteミドルウェアシリーズの動作確認用の標準評価CPUボードです。豊富なネットワークプロトコルスタックや、ファイルシステム、無線LANをはじめ、多数のデバイスドライバがすべて対応しています。

製品コンセプトは「そのまま組込むことが可能な構造・構成のハードウェア」ですので、試作品の開発から製品への搭載まで、幅広く応用できます。

Social Media