新着情報

ESPT-USB~組込みUSB2.0開発プラットフォーム~をリリース


ESPT-USB
~組込みUSB2.0開発プラットフォーム~

ESPT-USBは、 ESPTシリーズの拡張ボードです。
USBコントローラにルネサステクノロジ社製M66596を搭載し、ESPT、ESPT2等のCPUボードと組み合わせることで、USB2.0準拠のインターフェースを実現できます。
拡張ボードとして、同時に最大4枚の使用が可能です。ESPT-USB-HとESPT-USB-Dを同時に使用することにより、ホスト機能とデバイス機能を同時に要求するシステムにも対応できます。
ESPT、ESPT2のシリアルI/O機能、イーサネット機能と組み合わせることで、USB-シリアル変換、USB-イーサネット変換等の開発が可能になります。

接続CPUボード

ESPT (SH7615/SH2-DSP)

  • イーサネット:1ch
  • 非同期シリアル:1ch
  • 接点入力/出力:8ch/8ch

ESPT2 (SH7710/SH3-DSP)

  • イーサネット:2ch
  • CF I/F:1ch
  • 非同期シリアル:1ch
  • 接点入力/出力:4ch/4ch

ESPTシリーズ初のUSB2.0評価基板

組込み機器で導入が広まっているUSB2.0機能を各基板(ホスト評価用、デバイス評価用)1ch搭載しています。USBドライバとの組み合わせで、容易にUSB環境が構築できます。
本評価ボードはスタックでの接続が可能です。ホスト、デバイス両方の機能が必要な要求にも対応できます。最大スタック数は4枚です。

評価時のCPUを選択可能

ESPT-USBは、ESPT(SH2-DSP)、ESPT2(SH3-DSP)、ESPT-Giga(SH4A/SH7763)評価予定*に標準搭載されている拡張コネクタにスタック接続するだけで、ハードウェア的な接続ができます。CPUの選択が可能で、開発ターゲットに近い環境で評価ができます。

開発環境USB2.0開発セットを提供

ESPT、ESPT2と組み合わせてUSB機能を実現するために必要な、「Cente USB ミドルウェア」、「組込みOS NORTi ProfessionalⅡ」、「統合開発環境、HEW4」を同梱した、「ESPT-USB開発セット」を提供します。すぐに使えるプラットフォームとして、製品開発をスタートアップから強力にサポートします。

対応ミドルウェア

  • Cente USB2.0 Host MassStorage for M66596
  • Cente USB2.0 Host COMClass for M66596
  • Cente USB2.0 Host EthernetClass for M66596
  • Cente USB2.0 Device MassStorage for M66596
  • Cente USB2.0 Device COMClass for M66596
  • Cente USB2.0 Device EthernetClass for M66596

※クラスドライバは順次追加開発を予定しております。

Social Media