新着情報

Cente Security FileSystemをリリースしました。


Cente Security FileSystem

この製品は、Cente FileSystemのオプションモジュールです。

  • FATファイルシステムの暗号化モジュール
  • 組込みファイルシステムの暗号/復号が可能
  • セキュリティを重要視した組込み環境を想定
  • FATの不正アクセスや記録データの改竄(かいざん)を防止
  • OpenSSLライブラリを使用
  • 暗号アルゴリズムとしてDES,3DES,AESに対応
  • ハードウェア暗号エンジンにも対応可
  • 共通鍵&ブロック暗号方式に対応
  • PC上での暗号・復号ツール(Windowsアプリ)を付属
  • CF,SDカードの他、NANDFlashメモリ上のデータも暗号化が可能

価格:210万円/プロジェクト限定ライセンス
※CenteFileSystemを含んだ価格です。

製品概要

Cente Security FileSystemは、CFメモリカードやSDメモリカードなどの記憶メディアを使用してFATファイルシステムによるデータの記録などを行う組込み機器において、記録データへの不正アクセスやデータの改竄(かいざん)などを防止するために、FATファイルシステムを暗号化し、組込み機器及び記録データの高セキュリティ化を実現するための、復号ソフトウェアモジュール(ミドルウェア)です。
本ミドルウェアはFATファイルをアクセスするユーザアプリケーションとFATファイルシステム(Cente FileSystem)の中間に位置して動作し、組込み機器内で暗号化したデータをWindowsPCで復号化、あるいはWindowsPCで暗号化したデータを組込み機器内での復号化します。

仕様・特長

  • OpenSSLライブラリを使用
  • 暗号アルゴリズムとしてDES、Triple-DES、AESに対応
  • ハードウェアによる暗号化エンジンにも対応可
  • 共通鍵&ブロック暗号方式に対応
  • Cente FileSystem以外のファイルシステムでも使用可能
  • ビック・リトル両エンディアンに対応
  • PC上での暗号・復号ツール(Windowsアプリ)を付属
  • CF,SDカードの他、NANDFlashメモリ上のデータも暗号化が可能

製品構成

  • Security FileSystemプログラム本体(ソースコード)
  • OpenSSLライブラリ(暗号アルゴリズムのソースコード)
  • 暗号/復号Windowsアプリケーションソフト
  • 日本語マニュアル(英語版は無し)
  • 各種CPU基板用の起動サンプル(BSP)

BSPサンプルについて

SH2,3,4シリーズ,V850シリーズ,各種ARM7,9,11シリーズなど多くの組込みCPUでの動作実績があります。最新の情報など詳しい内容はお問合せください。

API関数一覧

efs_fopen 暗号ファイルをオープン(全てバイナリモード)
efs_fclose 暗号ファイルをクローズ
efs_fread ファイルから、指定したバッファにデータを復号入力
efs_fwrite メモリ領域からファイルにデータを暗号出力

プログラムサイズ

Cente SecurityFileSystem + DES, 3DES, AESアルゴリズムの合計
ROM領域 コード: 12502byte 定数: 14632byte
RAM領域 200byte 1ファイルにつき ……. +1448byte

Social Media