Cente改版履歴

Cente FileSystem


改版日 2006.06.30
バージョン Ver5.20

マウント直後の動作改善(FAT32)

FSINFOの「最終変更クラスタ番号」の利用及び「連続未使用クラスタ検索関数」を追加した事に依りマウント直後の書込み系APIを高速に処理できるよう改善しました。(FAT32)

fseek関数改善

“r”モードで開いたファイルのfseekを高速に処理できるよう改善しました。

キャッシュ関連改善

FATCacheBuffer構造を改良した事に依りFAT操作に関係するAPIの処理速度を高速化しました。

save_cache,refresh_cache関数修正

FATCache未使用ドライブに対しても動作してしまう不具合を修正。

VFAT不具合修正

全角文字を使用したロングファイル名のショートエントリにて「~」以降の番号付記不具合を修正。

fwrite関数修正

4GByte以上の書込み抑制により戻り値が不正になる点を修正。

move関数修正

ドライブ名を大文字化して比較していなかった点を修正。

fopen関数修正

サイズ0のファイルに対し”r”もしくは”a”モードで開いた場合、無関係なデータを入出力バッファに読み込んでしまう点を修正。

reapir関数修正

ルート下へのreapir関数でエラーを返す事がある点を修正。

Social Media