Cente改版履歴

Cente FileSystem


改版日 2003.09.16
バージョン Ver3.12

fwrite関数修正(Ver3.08)ミス

Ver3.08不具合項目4を再修正。

ファイル名対応

.で始まるファイル名に対応。

mkdir関数不具合修正

ルート下作成可能数一杯の時、クラスタを確保してしまう点を修正。

q_format関数不具合修正

FAT32時、FATエリアの初期化が正しくおこなわれていない点を修正。

ini_disk関数

固定ディスク時、マウント内に残容量取得処理を追加。

chg_tstamp,chg_tstampfp関数

chg_tstamp,chg_tstampfp関数の引数チェックを追加。

fopen,mkdir関数修正

空白文字列のファイルが作成される点を修正。

reset_fsys関数不具合修正

ini_fsys後ini_disk前にreset_fsys関数をコールした時の資源の解放を本関数で実施するよう修正。

rename関数不具合修正

第2引数に空文字列""を指定してもエラーにならない点を修正。

ショートファイル名で指定した時、無効なエントリが残る点を修正。

fwrite,fputc関数不具合修正

0バイト指定の書き込みをおこなった時クラスタを確保してしまう点を修正。

opendir不具合修正

ルート下へのopendir関数でエラーを返すことがある点を修正。

fopen関数不具合修正

空ファイルをfopen"r"モードでオープンした時、無関係のセクタを読み込むことがある点を修正。

同一のショートファイル名が作成されることがある点を修正。

remove関数不具合修正

remove関数で対象ファイルがある時にエラーコード(R_NO_FILE)を返すことがある点を修正。

Social Media