Centeミドルウェアご使用上の注意事項(重要)

Centeミドルウェアご使用上の注意事項(重要)

Centeの開発体制について

Centeミドルウェアパッケージは、幅広い組込み機器分野で使われることを目的としたミドルウェアです。
ミドルウェア開発時には各種標準規格やRFCに準拠していることを確認するテストを行っておりますが、全てのお客様の使われ方や、通信環境が不安定なケースなどを網羅したテストを行うことは非常に難しいことから、Centeミドルウェアをお客様の製品に組み込んだかたちでのテスト・ご評価をいただいたうえで最終的な製品保証をさせていただいております。

Centeのサポート体制について

Centeミドルウェアは組込み用途を目的としたミドルウェアであり、組み込まれるハードウェアは多種多様です。
特に導入初期のサポートは重要と考えており「お客様のハードウェア上で確実に動作する」ことを心がけてサポートしております。
お客様の開発製品上で問題が起きた場合、問題の所在がCenteミドルウェアと断定出来ない状況においても、問題の切り分け時点からお手伝いをさせていただくことを基本としておりますので、是非Cente技術サポートを有効にご活用いただければと考えております。

不具合情報のアナウンスについて

Centeミドルウェアご採用のお客様からご指摘、不具合に関する情報をいただいた場合、そのほとんどの内容は次期バージョンアップの際に修正・適用をしておりますが、パッケージソフトという性格上、頻繁なバージョンアップはお客様のメンテナンスに支障を来たす恐れがあるため、ある程度の不具合件数がまとまってからバージョンアップを行うことにも配慮しております。そのため、ご採用いただいているお客様によっては次期バージョンアップまで既知の不具合を知ることが出来ないという不都合が生じるケースがあります。

このようなケースに柔軟に対処するよう、既知の不具合情報をホームページ上でリアルタイムに公開しておりますので、最新情報につきましては、必ず当ホームページのCente新着情報をご覧いただきますようお願い申し上げます。


このページのトップへ