ESPT-USB(ESPT拡張ボード)

ESPT-USB~組込みUSB2.0開発プラットフォーム~

ESPT-USB

ESPT-USBは、 ESPTシリーズの拡張ボードです。

USBコントローラにルネサステクノロジ社製M66596を搭載し、ESPT、ESPT2等のCPUボードと組み合わせることで、USB2.0準拠のインターフェースを実現できます。

拡張ボードとして、同時に最大4枚の使用が可能です。ESPT-USB-HとESPT-USB-Dを同時に使用することにより、ホスト機能とデバイス機能を同時に要求するシステムにも対応できます。

ESPT、ESPT2のシリアルI/O機能、イーサネット機能と組み合わせることで、USB-シリアル変換、USB-イーサネット変換等の開発が可能になります。

ESPT-USB

接続CPUボード

ESPT (SH7615/SH2-DSP)

ESPT (SH7615/SH2-DSP)

ESPT2 (SH7710/SH3-DSP)

ESPT2 (SH7710/SH3-DSP)

ESPTシリーズ初のUSB2.0評価基板

組込み機器で導入が広まっているUSB2.0機能を各基板(ホスト評価用、デバイス評価用)1ch搭載しています。USBドライバとの組み合わせで、容易にUSB環境が構築できます。

本評価ボードはスタックでの接続が可能です。ホスト、デバイス両方の機能が必要な要求にも対応できます。最大スタック数は4枚です。

評価時のCPUを選択可能

ESPT-USBは、ESPT(SH2-DSP)、ESPT2(SH3-DSP)、ESPT-Giga(SH4A/SH7763)評価予定*に標準搭載されている拡張コネクタにスタック接続するだけで、ハードウェア的な接続ができます。CPUの選択が可能で、開発ターゲットに近い環境で評価ができます。

開発環境USB2.0開発セットを提供

ESPT、ESPT2と組み合わせてUSB機能を実現するために必要な、「Cente USB ミドルウェア」、「組込みOS NORTi ProfessionalⅡ」、「統合開発環境、HEW4」を同梱した、「ESPT-USB開発セット」を提供します。すぐに使えるプラットフォームとして、製品開発をスタートアップから強力にサポートします。

対応ミドルウェア

  • Cente USB2.0 Host MassStorage for M66596
  • Cente USB2.0 Host COMClass for M66596
  • Cente USB2.0 Host EthernetClass for M66596
  • Cente USB2.0 Device MassStorage for M66596
  • Cente USB2.0 Device COMClass for M66596
  • Cente USB2.0 Device EthernetClass for M66596

※クラスドライバは順次追加開発を予定しております。
ESPTはCenteが提供するCenteミドルウェア標準の評価基板です。

ハードウェアブロック図

ハードウェアブロック図

ESPT-USB ハードウェア概要

  ESPT-USB-H *1 ESPT-USB-D *1
対応ファンクション ホスト デバイス
対応スピード Hi-Speed 及び Full-Speed
※Low-Speedには非対応
対応転送タイプ コントロール転送
バルク転送
インタラプト転送 (High Bandwidthは非対応)
アイソクロナス転送  (High Bandwidthは非対応)
エンドポイント数 8
※ESPT-USB-Hの接続可能なデバイス数は1
FIFO 合計5Kbyte、1エンドポイントにつき2Kbyteまで
CPUバス
接続用コネクタ
100pinコネクタ使用 アドレスバス、データバス、各制御線
ESPTシリーズ接続用
DMAチャンネル 最大2ch使用
割り込み線 1本使用
USBコネクタ Aレセプタクル×1 Bレセプタクル×1
電源入力 5V±5% *2 5V±5% *3
消費電流 最大200mA(+5V)
※デバイスへの給電分は含まない
最大200mA(+5V)
外形寸法 91(W)×55(D)×21mm(H)
質量 約30g (基板のみ)
環境条件 使用温度範囲 0 ~ 50℃
保存温度範囲 -10 ~ 60℃
使用湿度範囲 90%RH以下(結露しないこと)
保存湿度範囲 90%RH以下(結露しないこと)

*1
ESPT-USB-H:ESPT-USB ホストコントローラ基板
ESPT-USB-D:ESPT-USBデバイスコントローラ基板

*2
ESPT-USB-Hの場合、USBコネクタから出力されるVBUS電源が5V±5%である必要があります。基板への電源入力から、スイッチICや配線抵抗などで多少の電圧降下がありますので、CON6(1pin)での電圧を確認してください。
(USB Specification-7.2.2 Voltage Drop Budget)

*3
ESPT-USB-Dの場合、バスパワードには非対応です。


このページのトップへ