ESPT-RX

ESPT-RX~RX63N搭載 豊富な周辺機能を搭載した組込みネットワーク・ロガーCPUボード~

EPST-RX

ESPT-RXは、SH-Etherシリーズを継承したイーサネットコントローラとUSB2.0ホスト/USBデバイス機能を1チップ化したCPU、RX63Nを搭載した組込み用途のCPU基板です。

豊富な周辺機能を搭載していますので、ネットワーク接続機能を備えるOA機器、FA機器等のCPU評価はもちろんのこと、このまま組込み基板として使用することもできます。

ESPT-RX
※写真は試作基板です。CPU、コネクタの仕様は本ページ下の概要を参照ください。


USBインターフェイスを4つ搭載

ESPT-RXは、近年、組込み機器でも汎用となっているUSBインターフェイスを4系統搭載しています。CPU内蔵コントローラを使用しFunction×2ch(Fullスピード)の他、USB専用コントローラR8A66597を使用し、Host×2ch(Low / Full / Highスピード)を搭載。必要な用途により、インターフェイスの選択ができます。

  • ※CPU内蔵USBコントローラは1chのみOTG、Hostに変更可能。

周辺環境が基板に及ぼす影響をログ 基板に温度センサーを搭載

ESPT-RXはIoT(Internet of Things)用途を想定しています。CPU内蔵温度センサーを使用し、温度変化を測定することで、環境にあわせたモノ作りをバックアップします。データはネットワーク、コマンドインタプリタデバッグ、SDメモリなどに出力が可能。デバッグ時や運用時に“何がおきたか”の参考となります。

ネットワーク製品に最適、RX63Nを搭載

ESPT-RXに搭載するRX63Nは、32ビットCPUコア「RX600(96MHz)」、SH-Etherシリーズを踏襲するイーサネットコントローラとUSB機能を4系統搭載し、SPIインターフェイスを使用し、SDメモリカードを扱うことができます。

Centeミドルウェアとの組み合わせで様々な組込み機器への応用が可能

ESPT-RXはCenteミドルウェアシリーズの動作確認用の標準評価CPUボードです。豊富なネットワークプロトコルスタックや、ファイルシステム、各種USBドライバが対応します。

試作品の開発から製品への搭載まで、幅広く応用頂けます。

ハードウェアブロック図

ハードウェアブロック図

ESPT-RX ハードウェア概要

CPU RX63N R5F563NEDDFC  
CPUコア動作クロック96MHz  
内蔵ROM 2M byte  
内蔵RAM 128K byte  
SDRAM 32MBytes(16M×16bit)  
LAN I/F IEEE802.3u 10Base-T/100Base-TX 1ポート  
シリアルポート RS-232Cトランシーバ 1ポート モジュラージャック 4極4芯
RS-485トランシーバ 1ポート モジュラージャック 6極4芯
CANポート 1ポート ナイロンコネクタ DF13A-3P-1.25H
USBポート RX63N内蔵 FUNCTION FULL スピード 1ポート mini AB メス
RX63N内蔵 FUNCTION FULL スピード 1ポート mini B メス
R8A66597 HOST LOW FULL HIGH スピード 2ポート A メス
SD I/F SPIモード 1スロット スタンダードSDカード
拡張用ヘッダー PIO 29ポート コネクタ FX8C-80S-SV5
DAC 2ポート
ADC 4ポート
RTC CPU内蔵  
バックアップ電源は外部より供給 2.0V~3.6V ナイロンコネクタ B2B-XH-A
電源電圧 5V±5%  
消費電流 T.B.D  
外形寸法 91(W)×55(D)×21(H) mm  
重量 約70g  

ESPT-RXカタログ


このページのトップへ