ESPT-Giga

ESPT-Giga~SH7763搭載 ギガビットイーサネット対応 超小型CPU基板~

ESPT-Giga

ESPT-Gigaは、ギガビットイーサネットのシステム開発、評価に最適な超小型組込みCPU基板です。
名刺サイズに、(株)ルネサステクノロジ製高性能CPUSH7763を搭載し、ギガビットイーサネット(10/100/1000BASE-T)とUSB1.1準拠のUSBホストインターフェースを搭載しています。ESPTシリーズ共通の拡張バス、シリアル/パラレル入出力等の インターフェースも用意されています。

ギガビットイーサネット対応のシステムや、各種USB接続機器を制御するシステムの開発、より高性能な処理能力を必要とする機器等の、開発や試作評価などのベースとしてご利用頂けます。

また、ネットワーク拡張基板として、既存の機器にそのまま組み込んで使用することも可能です。

ESPT-Giga

ESPT-Giga

※ヒートシンクが搭載されます

ESPT-Giga

ESPT-Giga(裏面)

名刺サイズにギガビットイーサネットI/FとUSB1.1ホストI/Fを標準搭載

組込み機器でも導入が広まっているギガビットイーサネット(10/100/1000BASE-T)を1ch搭載しています。ギガビット対応ネットワークソフトウェアと組み合わせて、今までにない高速なネットワーク環境を構築できます。

またUSB1.1規格に準拠したUSBホストインターフェース(Aレセプタクルコネクタ)を1ch搭載しています。USBフラッシュメモリを使用したファイルアクセスや、各種USB接続機器を制御することが可能になります。

SH7763(SH-4Aコア 266MHz)CPUとDDR-SDRAM(64MB)搭載による高速処理

浮動小数点コプロセッサ(FPU)内蔵の新世代SH-4Aコア266MHzよる478MIPSの高いCPU演算能力と、高速大容量なDDR-SDRAM 64MB搭載により、大規模なソフトウェアを高速に処理することが可能です。μITRON環境での使用はもちろん、Linuxなども使用できます。

Centeミドルウェアとの組み合わせで様々なネットワークシステム開発への応用が可能

ルータ開発現場から生まれたCenteミドルウェアシリーズのネットワークプロトコルは、多くのμITRON規格のOSに標準で対応しています。次世代のネットワーク環境「IPv6」にも対応しています。

暗号化エンジンを使用したIPSec、IKE等のセキュアネットワーク通信が可能

SH7763に内蔵された暗号エンジンを使用した高速セキュア通信処理が可能です。IPSecソフトウェアとの組み合わせで、高速な暗号化通信とIKE(InternetKeyExchange)プロトコルが動作します。IPSecには、「Cente IPSec」ミドルウェア(別売)がご使用いただけます。

AES,DES,3DES,MD5,SHA-1に対応しています

ESPTシリーズの各種拡張基板を利用可能、機能拡張の為の専用コネクタも用意

従来のESPT拡張バスと互換性があり、ESPT拡張基板を利用できます。また既存のシリアル・パラレル信号の他にSH7763の機能を生かす「周辺バス」を装備しています。機能拡張を幅広く組み合わせ、多彩なネットワークシステムの開発ベース環境を構築することができます。

32bitバス幅モードは使用できません。

ESPT-Giga ハードウェア概要

CPU SH7763 CPUコアクロック266MHz(SH-4A)
バスクロック66.7MHz
DDR-SDRAM(DDR266) 64MBytes(16M×32bit)
FLASHROM 8MBytes(4M×16bit プログラム、パラメータ、MACアドレス保存用)
シリアル入出力 Ch.0:SCIF0:TxD、RxD 信号レベル3.3V CMOS
Ch.1:SCIF1:TxD、RxD、RTS、CTS、DTR、DSR、CD、RI 信号レベル RS232C
※RTS、CTS以外の制御信号はCPUの汎用I/Oを利用
パラレル入力 8bit(信号レベル3.3V CMOS)
パラレル出力 8bit(オープンコレクタ)
Ethernet I/F RJ45 IEEE802.3ab 10/100/1000BASE-T×1ch
USB I/F USB 1.1 Aレセプタクル×1ch
RTC 月差±60秒(気温25℃のとき)
拡張バス アドレスデータ制御線など100pinコネクタ使用
(ESPTピン互換。データバス幅16bit)
電源 3.3V(±5%)
5V(±5%) USBホストバスパワー専用
外形寸法 91(W)×55(D)×22(H) mm (ただし突出部を除く)
重量 63g
環境条件 使用温度範囲:TBD
保存温度範囲:-10~60℃
使用湿度範囲:90%RH以下(結露しないこと)
保存湿度範囲:90%RH以下(結露しないこと)

ハードウェアブロック図

ハードウェアブロック図


このページのトップへ