ESPT-AVIN/AVOUT(ESPT拡張ボード)【販売終了】

NTSC画像、音声の入出力機能(ESPT拡張ボード)

本ハードウェアは評価・開発用リファレンス基板としての一般販売は行っておりません。ご提供にあたっての条件等につきましては、別途お問合せください。

ESPT-AVIN/AVOUT【オプションボード】

ESPT-AVIN

ESPT-AVIN/ESPT-AVOUTは、ESPT拡張の拡張ボードです。

ESPT-AVINは、ビデオ画像と音声をリアルタイムにモーションJPEG 画像、デジタル音声データに変換することができます。ESPT-AVOUTは、モーションJPEG 画像、デジタル音声データからビデオ映像と音声に変換することができます。AVIN,AVOUTを組み合わせることにより、パソコン端末を使用しない遠隔画像転送装置等が実現可能です。

BUGでは、ネットワークプロトコルとしてRTSP/RTPの開発を完了していますので、BUGのネットワークプロトコルと組み合わせることで、高品質で高性能な画像配信・表示装置を構築することができます。

ESPT-AVIN/ESPT-AVOUTを使用したこれらプロダクトの開発・評価などについてのお問い合わせをお待ちしております。

ESPTによるモーションJPEG開発・評価環境

ソフトウェアコンポーネンツ

  • ESPT-AVIN/AVOUTはNORTi環境で動作するJPEG画像ネットワーク転送のプラットホーム
  • RTP/RTSPプロトコルを搭載し、ネットワーク上での画像・音声ストリーム転送を実現
  • JPEG画像を静止画像としてFileSystemに記録することも可能
  • RTP/RTSPにより、ESPT-AVIN/AVOUTの組み合わせで遠隔地からの動画転送、音声転送が可能
  • 実装されたHTTPdにより、静止画像または擬似動画像のWeb表示が可能
  • 専用のパソコンViewerソフトを用意

ESPT-AVIN

  • JPEGハードウェアエンコーダ内蔵で、NTSC画像を最大30フレーム毎秒にてリアルタイム圧縮
  • ステレオ音声をキャプチャ可能(サンプリング周波数選択可能)

ESPT-AVOUT

  • ESPT-AVOUTは、JPEGハードウェアエンコーダ内蔵で、JPEG画像を最大30フレーム毎秒にてリアルタイムNTSC表示
  • ステレオ音声を再生可能(サンプリング周波数選択可能)

ESPT-AVIN/AVOUTを用いた例

ESPT-AVIN/AVOUTを用いた例 ESPT-AVIN/AVOUTを用いた例

主なハードウェア仕様

ビデオ符号化 JPEG
量子化ピクセル周波数 12.272727MHz(NTSCスクウェアピクセル)
画像サイズ 640×480(15fps)
320×240(30fps)
ビデオ入出力I/F コンポジットビデオ(RCAコネクタ)
S-ビデオ(MiniDinコネクタ)
音声符号化 量子ビット16bit
サンプルレート44.1、22.05kHz(実装オプションにより変更可能)
オーディオ入力I/F ステレオライン(ミニジャックコネクタ)
電源電圧 5V(4.75-5.25)(3.3V単一電源の対応も可能)
外形寸法 91(W)×55(D)×18(H)mm(ただしコネクタ突出部を除く)

このページのトップへ