HOME » カスタマサポートTOP

Cente ctlib

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2014.10.17 Ver1.12

改版内容

・cttimeモジュールの2038年問題対応
cttimeモジュールで扱える年が2037年までだったので、この制限を外した。使用環境で「long long型」の変数が扱えることが条件。
 

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2011.01.28 Ver1.11

改版内容

・ファイルのバージョン表記を変更
ファイルのバージョン表記を変更した。動作に影響しない。

 

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2005.06.03 Ver1.10

改版内容

ctkernelに対応
custom\ctkernel.hを削除(別モジュールとして独立させた)。

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2005.05.19 Ver1.04

改版内容

ファイルシステムヘッダのラッピング用ファイル追加
今後のCenteではファイルシステムのヘッダを直接インクルードせずに、代わりにctfsys.hをインクルードします。

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2004.10.15 Ver1.03

改版内容

TICK2MSECマクロで、1秒未満を切り捨てていたのを修正
TICK2MSECマクロを使用していたのはIPv6の一部のコードのみ。実際の動作にはほとんど影響無い。

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2004.07.30 Ver1.02

改版内容

BSDライセンスのファイルを無くした
strtok_r.c,strsep.c,strtoul,strtolをBSDライセンスの物から、独自実装の物に置き換えた。

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2004.06.30 Ver1.01

改版内容

日時モジュール(cttime)を追加
ANSIの時刻関数と同等の関数群を追加。INCLUDE_TIMEをdefineすると有効になる。

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2004.04.15 Ver1.0

改版内容

新規作成


このページのトップへ