HOME » カスタマサポートTOP

共通モジュール

【Cente改版履歴】Cente ctkernel

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2014.10.17 Ver1.02

改版内容

・NORTiのバージョンアップに伴う変更
NORTi Ver.4.33ではT_CMPFがV4_T_CMPFに変更されており、シェルコマンド用のctkernel_cmd.cのビルドが通らなくなっていた。これに対応した。

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2014.10.17 Ver1.12

改版内容

・cttimeモジュールの2038年問題対応
cttimeモジュールで扱える年が2037年までだったので、この制限を外した。使用環境で「long long型」の変数が扱えることが条件。
 

【Cente改版履歴】Cente shell

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2011.01.28 Ver1.11

改版内容

・ファイルのバージョン表記を変更
ファイルのバージョン表記を変更した。動作に影響しない。
・デフォルトアドレスを変更可能にした
d、e、sコマンドでアクセスするデフォルトのアドレスをユーザが定義できるようにした。
・d、eコマンドでレジスタを読むと不正な値となる不具合修正
従来「e –b」、「d –b」コマンドを実行すると該当するアドレスを2回リードしていた。そのため、読むと次々と値が得られるレジスタなどにアクセスすると、意図しない値が表示される可能性があった。1回だけリードするよう修正した。

【Cente改版履歴】Cente ctkernel

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2011.01.28 Ver1.01

改版内容

・ファイルのバージョン表記を変更
ファイルのバージョン表記を変更した。動作に影響しない。

 

【Cente改版履歴】Cente ctlib

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2011.01.28 Ver1.11

改版内容

・ファイルのバージョン表記を変更
ファイルのバージョン表記を変更した。動作に影響しない。

 

【Cente改版履歴】Cente Compact crypto

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2013.1.11 Ver1.10

改版内容

 新規作成

【Cente改版履歴】Cente crypto

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2006.12.21 Ver1.12

改版内容

RX850でコンパイルエラーが出るのに対応
RX850コンパイラで、MD5,SHA1のコードがコンパイルできないのに対応。
http.batを削除
Cente HTTPd/c 1.40からCente cryptoに依存しなくなったので、http.batを削除

【Cente改版履歴】Cente crypto

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2006.03.31 Ver1.11

改版内容

コンパイル時のwarningを除去
未使用変更等のwarningを除去。x509v3.hでFILE*を使っている所をコメントアウト。

【Cente改版履歴】Cente crypto

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2005.06.03 Ver1.10

改版内容

ctkernel対応
他OSへの移植性向上のため、iTRON4のAPI名と構造体名にプリフィックスを付加した。

【Cente改版履歴】Cente ctkernel

該当製品カテゴリ

改版情報

改版日 バージョン
2005.06.03 Ver1.00

改版内容

新規作成


このページのトップへ