Cente ESPT2 開発キット(SDK)

Cente ESPT2 開発キット(SDK)

ESPT2 STD
ESPT2 Booter
  • SH-Ether CPU:SH7710(SH3)によるソフトウェア開発キット
  • 組込み環境でのダブルイーサネット通信開発ベースに最適
  • 暗号化データ通信、データ記録のベース環境としても使用可
ESPT2(表面)

ESPT2(表面)

ESPT2(裏面)

ESPT2(裏面)

価格

ESPT2 STD

168万円/1プロジェクトライセンス

ESPT2 Booter

42万円/1プロジェクトライセンス

ESPT2基板 本体価格

8万4000円/1枚

本開発キットに含まれるアプリケーション

  • Ethernet-シリアル変換通信
  • Ethernet-パラレル変換通信
  • Shell(コマンドインタプリタ)
  • フラッシュメモリへのパラメータ保存
  • HTTP/FTP/XMODEMでのファームウェアアップデート
  • RANディスク機能
  • Web設定機能(HTMLページ)

本開発キットに含まれるデバイスドライバ

  • Ethernet(2チャネル対応)
  • シリアルポート
  • パラレルポート
  • フラッシュメモリ
  • I2C
  • RTC
  • PCMCIA
  • PCカード(Ethernet、FlashATA、802.11b)
  • ファイルシステム

本開発キットに含まれるCenteミドルウェア

   
Cente ESPT2 STD 概念図

Cente ESPT2 STD 概念図



  • μITRONはMicro Industrial The Realtime Operating System Nucleusの略称です。
  • Centeはデータテクノロジー株式会社の商標登録です。
  • ESPTはビー・ユー・ジー社製のネットワーク通信機能付き小型CPU基板です。
  • その他の製品名・ブランド名は各社の商標または登録商標です。
  • 記載の仕様・価格・概観等については、予告なく変更する場合があります。

このページのトップへ