Cente Pcif

最新更新日/---:Ver---

Cente Pcif

Cente Pcif

Centeミドルウェアシリーズ専用のPCMCIAインタフェースモジュールです。

抽象化部とハードウェア依存部の2つの部分を持ち、ミドルウェアからは抽象化部のAPIを呼び出す構成になっています。

このように抽象化部を持つ事で、ハードウェアを変更した場合、本モジュールのハードウェア依存部のみを新規実装していただき、その他の部分は手を加えずに移植が完了します。


共通モジュール


製品マニュアルのお問い合わせ

以下のフォームに必要事項を入力し、「内容確認へ」ボタンを押してください。

印の項目は入力必須です。

個人情報

確認のためもう一度入力してください
-
市区町村名 ※[例] 立川市
町名・番地 ※[例] 錦町1-6-6
建物名 ※[例] 岩崎錦町ビル6F

マニュアルのお問い合わせ内容
製品マニュアル「Cente Pcif」

※お問合せ/ご質問の内容についてできるだけ詳しくご記入下さい。
アンケート
Centeミドルウェアシリーズ
Centeハードウェアシリーズ
ミドルウェア統合開発キット
組込みアプリケーション開発プラットフォーム
お取引なし
なし
Centeミドルウェアシリーズ
Centeハードウェアシリーズ
ミドルウェア統合開発キット
組込みアプリケーション開発プラットフォーム
認証コード

見えている文字を入力してください。


  • μITRONはMicro Industrial The Realtime Operating System Nucleusの略称です。
  • Centeはデータテクノロジー株式会社の商標登録です。
  • ESPTはビー・ユー・ジー社製のネットワーク通信機能付き小型CPU基板です。
  • その他の製品名・ブランド名は各社の商標または登録商標です。
  • 記載の仕様・価格・概観等については、予告なく変更する場合があります。

このページのトップへ