Cente kernel

最新更新日/2014.10.17:Ver1.02

Cente kernel -カーネル-

Cente kernel -カーネル-

ミドルウェア導入環境に於いて、OSの差異を埋めるためのモジュールです。

OS毎に異なる機能を追加・変更することで、OS、ミドルウェア部相互をカスタマイズすることなく使用することが出来ます。

例として、Centeミドルウェアではデータキュー(DTQ)を使用していますが、OSによってはDTQが実装されていないものもあります。
その場合は、Cente Kernel内で独自にDTQを作成することで、Centeミドルウェアは変更せずに使用することができます。

 

障害情報

 

改版履歴


共通モジュール


製品マニュアルのお問い合わせ

以下のフォームに必要事項を入力し、「内容確認へ」ボタンを押してください。

印の項目は入力必須です。

個人情報

確認のためもう一度入力してください
-
市区町村名 ※[例] 立川市
町名・番地 ※[例] 錦町1-6-6
建物名 ※[例] 岩崎錦町ビル6F

マニュアルのお問い合わせ内容
製品マニュアル「Cente kernel」

※お問合せ/ご質問の内容についてできるだけ詳しくご記入下さい。
アンケート
Centeミドルウェアシリーズ
Centeハードウェアシリーズ
ミドルウェア統合開発キット
組込みアプリケーション開発プラットフォーム
お取引なし
なし
Centeミドルウェアシリーズ
Centeハードウェアシリーズ
ミドルウェア統合開発キット
組込みアプリケーション開発プラットフォーム
認証コード

見えている文字を入力してください。


  • μITRONはMicro Industrial The Realtime Operating System Nucleusの略称です。
  • Centeはデータテクノロジー株式会社の商標登録です。
  • ESPTはビー・ユー・ジー社製のネットワーク通信機能付き小型CPU基板です。
  • その他の製品名・ブランド名は各社の商標または登録商標です。
  • 記載の仕様・価格・概観等については、予告なく変更する場合があります。

このページのトップへ